オプションは付けたまま?

車を査定に出すと、資格を持った査定士さんが査定をします。査定は、日本自動車査定協会の査定基準にそって査定をし、査定額は中古車小売流通の標準の相場などが参考にされます。 

査定するときの基準の車の状態としては、内装及び外装に傷がないことや、エンジンと足回りの状態が走行に支障がないこと、車検残が3か月以内で、走行キロが標準以内、タイヤの溝がスリップラインの1.6㎜以上残っている事、事故修復歴(事故車でないこと)がなく腐食していたり臭いがないことの他、改造車でないことが挙げられます。
走行キロが標準以内というのは、おおむね年1万キロ以内のことで、1万キロを超えると査定額がぐんと下がります。
問題は、オプションです。査定に出すときにオプションは外した方がいいのか、外した方がいいのか迷います。一番いいのは、純正のオプションパーツが取ってある場合はオプションに付け直した方が査定額がアップできるようですから、付け替えることをお勧めします。
例え純正品より、オプションの方が高額な場合でも、次に購入したオーナーは自分の好きなように個性を付けたい人も多く、従ってあまり前の持ち主の個性が残っている車はなかなか値がつかないという現実があるようです。
このように、査定に出すときは、可能な限り純正に戻し、取り付けてあった社外オプションは、パーツの買取業者か、あるいはネットのオークションなどで売った方がはるかにお得なようです。
といっても、純正パーツに戻したからと言って、これで査定額があがるということではなく、社外品でも車検に問題が出るようなものでなければ査定の時にマイナスになることはないようです。
ただいえることは、オプションパーツを査定士さんがどう判断するかです。そのオプションに人気や需要があって、その価値がわかる査定士さんは高査定額をつけますし、その価値がわからない査定士さんは高査定額をつけません。
このようなこともありますから、やはり複数の買取業者さんに査定してもらうことが必要です。